横浜・馬車道に、台湾クラフトビアバーがOPENします

私たちは2022年末以来、台湾クラフトビールのEC販売を行ってきました。お陰様で少しずつ皆様に台湾クラフトビールの存在が浸透してきたことを感じています。

このタイミングで私たちは、台湾好き、そしてクラフトビール好きの皆様と、もっともっと繋がるために、台湾クラフトビアバーの開業へと一歩を踏み出します。

横浜の真ん中、落ち着いた街

横浜・みなとみらいと、本町・中華街という大都市の中間地点に位置する馬車道・関内地区は、ゆったりとした時が流れる大人の街。人混みに疲れたら、ふらっと歩いて来てみてください。きっと素敵な時間が待っています。

名前とロゴに、全ての想いを載せて

台湾ビアバーの名前は「Tie ONE Beer House」。これはビールを通じて、日本と台湾が「一つに結ぶ=Tie ONEする」という想いが込められています。またロゴには台湾の固有種や国の花をあしらい、日本の皆様に台湾をより身近に感じていただきたいという気持ちを具現化しています。

直輸入ビールで勝負

Tie ONE Beer Houseで提供予定のビールは、名水地である台中に拠点を置くブルワリーからの直送。技術力勝負のブルワリーで、台湾が誇る、世界のビールを高い技術で再現したビールや、台湾固有の食材を使ったビールなどがラインナップされています!

台湾中部でブルワリーを構えるTsai's Actual Breweryをパートナーに迎え、日本初上陸のビールを皆様にお届けします。伝統的なビールから南国フルーツビールまで、飲み比べが楽しいラインナップです。

日本と台湾は、もっと近くなれるはずだ

日本と台湾は、正式な国交はないにも関わらず、常に良好な関係性を築いてきました。これは民間レベルで、お互いの国の人々が歩み寄り、理解を深めてきたことに由来します。

私たちは台湾にルーツを持つ企業として、次の世代、そして更にその先へと続く、日本と台湾の友好実現に向けて邁進していきます。